筋トレ

【NG行動6選】筋トレの効果を上げるためにやってはいけないこと!

筋トレの効果を上げるためのNG行為のアイキャッチ

こんにちは。ろつきです!

筋肉クマ
筋トレしてるんだけど効果出てるのかわからないな~
そうなの?
なんか筋肉に良くないことしてるんじゃない?
ペンギン

今回はこういった方たちのために、筋トレの効果を上げるためにやってはいけないNG行動を紹介したいと思います。

この記事でわかること

  • 筋トレのNG行動
  • 筋トレの効果を上げる方法

筋トレのNG行動6選

それでは、筋トレの効果を上げるためにやってはいけないNG行動とはどのようなことがあるのでしょうか。

今回はそのNG行動を6つ紹介したいと思います。

筋トレNG行動6選

  • 食事を気にしていない
  • 飲酒、喫煙をしている
  • オーバーワークをしている
  • フォームが正しくない
  • だらだら筋トレをしている
  • 空腹・満腹時に筋トレをしている

以上の6つです!

 

筋トレで効果を出したい方は、まずこれらを改善していきましょう!

それでは、それぞれ詳しく説明していきたいと思います!

 

食事を気にしていない

 

1つ目のNG行動は、食事を気にしていないことです!

筋トレは頑張っているのに、体がデカくなったり重量があがらないといった方は食事が関係してる可能性が高いです!

 

筋トレの効果を出すために、食事はトレーニング内容と同じ又はそれ以上に重要です!

そのため、結果を出したい方はまずお菓子や偏った食事をしないようにしてみましょう!

 

とりあえず最初は以下の3つを意識してみましょう。

食事改善の初歩3選

  • お菓子などの間食をやめる
  • タンパク質を自分の体重×1.5g摂ることを意識する
  • 1日なんでもいいので野菜を取る習慣をつける

 

飲酒、喫煙をしている

 

2つ目のNG行動は、飲酒、喫煙をしていることです!

これら2つを習慣的に行っている方は改善すると筋肉に良い影響が与えられるでしょう!

 

まず、飲酒に関して、飲酒することによって筋肉を分解するホルモンが増加し、せっかく鍛えた筋肉に影響を与えます。

そのため、まずは量を少なくすることからでも始めてみましょう!

 

次に、喫煙に関して、喫煙を行うと呼吸機能などに影響を与え、運動のパフォーマンスが下がります。

飲酒のように筋肉が分解されるなど、直接的な影響はありませんが運動をする上で控える方が良いでしょう。

 

オーバーワークをしている

 

3つ目のNG行動は、オーバーワークをしていることです!

筋トレの効果を上げるために、トレーニング内容と食事が重要ということを述べましたが、それと同じく、休養も重要です!

筋トレで大事な事

  • トレーニング内容
  • 食事
  • 休養

 

筋肉を成長させるためには、トレーニングによって筋繊維を破壊した部分を回復させる必要があります。

そのため、筋肉痛があるときにトレーニングを行わないようにしましょう!

 

しかし、オーバーワークをするほど筋トレを頑張っているということはとても素敵なことだと思います!

フォームが正しくない

 

4つ目のNG行動は、フォームが正しくないということです!

 

フォームが正しくないと、鍛えたい部位を鍛えることができないことだけではなく怪我にもつながります。

初心者の方でフォームがわからない場合もありますが、初心者でない方も重量を意識するあまりフォームが崩れてしまうといったことがあります。

そのため、重量を扱うことも重要ですが、可動域なども意識しながら正しいフォームで行うようにしましょう!

 

だらだら筋トレをしている

 

5つ目のNG行動は、だらだら筋トレをしていることです!

筋トレをしにジムに行って、休憩中に携帯を触っている時間が長くなったりすることはないでしょうか?

筋トレを行う際には、だらだらするのではなく集中して行うようにしましょう!

 

例えば、メニューをある程度決めて、重量・回数・セット数なども決めて行うようにしましょう!

そして、そのなかでしっかり効かせることを意識して追い込みましょう。

 

そうすると、時間の短縮にもなりますし、質の良い筋トレを行うことができます!

 

空腹・満腹時に筋トレをしている

 

6つ目のNG行動は、空腹・満腹時に筋トレをしていることです!

 

まず、空腹時に筋トレをすると効果が上がらない理由は大きく2つあります!

空腹時の筋トレがダメな理由

  • お腹が空いて力がでない
  • 筋トレ時に筋肉がエネルギーとして使用される

まず、体に栄養が行き届いていないと力が出ないため、良いパフォーマンスを出すことができません!

次に、体にエネルギーがない状態で筋トレを行うと、筋肉がエネルギーとしてしまうため筋トレをを行っても筋肉を削ることになってしまうのです。

 

満腹時の筋トレのデメリットとしては、筋トレを行うことで消化にエネルギーを使用することができなくなり、消化不良を起こしてしまいます!

実際に、私も満腹時の筋トレをすると気持ち悪くなります。

 

これらの理由から、空腹時、満腹時のトレーニングは避けて、食事から2時間を目安にトレーニングを行いましょう!

まとめ

この記事では、筋トレの効果を上げるためにやってはいけないNG行動を6つ紹介しました!

「筋トレのNG行動6選」

  • 食事を気にしていない
  • 飲酒、喫煙をしている
  • オーバーワークをしている
  • フォームが正しくない
  • だらだら筋トレをしている
  • 空腹・満腹時に筋トレをしている

筋トレをしている方で効果が出ないと感じている方、また、効果を出したいと思っている方はぜひ参考にしてみてください!

-筋トレ
-, , ,

© 2022 ろつきBLOG Powered by AFFINGER5