筋トレ

【筋トレ】ジム混雑を避けたい人必見!空いている時間帯は??

ジム利用時間に関するサムネイル

こんにちは。ろつきです!

筋肉クマ
ジムって混んでる時と混んでないときの差がはげしいよね
確かに!
いつの時間帯が一番空いているんだろう?
ペンギン

今回はこういった方たちのために、ジムの空いている時間帯、混んでいる時間帯を紹介したいと思います。

この記事でわかること

  • ジムのおすすめ利用時間帯
  • ジムが混んでいる時間帯
  • ジムの客層
  • ジムの利用時間帯別の注意点

ジムのおすすめ利用時間帯は?

時計とクエスチョンマークが並んでいる

 

まず、結論から言うと

 

ジムのおすすめ利用時間帯は、深夜帯、早朝です!!

ここでいう深夜帯、早朝というのは、0時~7時ごろのことです。

 

これは、平日、休日関係なく空いています。

やはりその時間帯は寝ている人も多いので利用人数は少ないです。

私も筋トレは早朝にしているのですが、やはり利用人数は少なく、一番多いときでも5人ほどしか利用していません。

 

逆に、ジムが混んでいる時間帯は、夜です。

夜の18時~22時頃まではかなり混んでいます。

この時間帯は、学校や仕事が終わってひと段落する方が多いため、その後ジムに行くといった形で利用人数が多くなっています。

 

ジムの利用状況表

男性がジムでアームカールをしている

 

空いている時間帯は、0時~7時の深夜帯、早朝。

混んでいる時間は、18時~22時と紹介しましたが、1日の混み具合はどうなのでしょうか。

私はエニタイムフィットネスに通っているのですが、そのジムの利用状況を表にまとめてみました。

 

24時間ジムの時間別の利用状況はこのようになります。

×(濃赤)・・・平均よりかなり多い
△(薄赤)・・・平均より多い
空白(白)・・・平均
〇(青)・・・平均より少ない

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
0時        
1時
2時
3時
4時    
5時        
6時              
7時              
8時              
9時     ×    
10時              
11時              
12時          
13時              
14時            
15時          
16時              
17時  
18時 × ×  
19時    
20時            
21時          
22時              
23時              

 

この表を見るとやはり、早朝、深夜帯の利用人数が少なく、夜の利用人数が多いことがわかります。

この、濃赤の×の部分に行ってしまうと、人が多すぎて自分の使いたい器具は使えないと思いましょう。

また、青い部分は数人、もしくは自分しか利用者がいないという場合もあります。

時間帯別の特徴

ドームのような場所に大勢の人がいる

 

次に、それぞれ時間帯別の特徴、客層などを紹介します。

 

朝(4時~10時)

 

この時間は、空いていることが多いです。

そのため、朝が得意で、朝でも筋トレができる人はこの時間をおすすめします。

 

利用者層としては、出勤前にトレーニングをするサラリーマンのような方や、少しお年を召した方がいるような印象です。

 

昼~夕方(11時~17時)

 

この時間は朝より少し混む時間帯です。

そのため、日によっては利用者がかなり少ない場合がありますし、逆に、器具待ちをするほど混むこともあります。

 

利用者層としては、大学生や主婦のような方、少しお年を召したような方が多いような印象です。

 

夜(18時~3時)

 

この時間帯はかなり混む時間帯です。

0時~3時は空いている時間帯ではありますが、18時~22時は空いていることは少ないです。

そのため、器具待ちする確率はかなり多いと考えた方が良いでしょう。

 

利用者層としては、仕事終わりのスーツを着た方や、大学生など、比較的男性が多い印象です。

 

筋トレ時間帯別の注意点

 

ここまで、混む時間帯や空いている時間帯を紹介してきましたが、それぞれ注意点があるのでそれを紹介したいと思います。

 

混む時間帯の注意点

 

混む時間帯の注意点は以下の2つです。

混む時間について

  • 器具の利用時間に気を付ける
  • 周りの人に気を配る

 

「器具の利用時間に気を付ける」

混んでいる時間は、器具が埋まっているので、順番待ちをしている人がいると思います。

ジムによっては、器具の使用時間がきまっていている場合もありますが、私の通っているエニタイムフィットネスにはありません。

 

そのため、そういった使用時間制限がされていなくても、ある程度切りが良くなったら器具をあけて長時間利用は避けるようにしましょう。

 

「周りの人に気を配る」

先ほどの器具の利用時間にも言えることですが、利用人数が多いと様々な人がいるため、ちょっとのことで気になる方もいれば全く気にならない方もいます。

 

そのため、トレーニング中の声や器具の音、利用時間には気を付けるようにしましょう。

また、密度も高くなるため、ぶつからないように気を付けましょう。

 

空いている時間帯の注意点

 

空いている時間の注意点は以下の2つです。

空いている時間について

  • 重量設定
  • 器具をもとに戻す

 

「重量設定」

空いている時間では自分しかいない場合があります、そのため、つぶれてしまっても助けてもらえる人はいません。

例えばベンチプレスを高重量で行っていた際につぶれて、セーフティーバーがうまくはまっていなかったらそのままつぶれてしまいます。

最悪命に関わるようなことになります。

 

空いている時間でも高重量で行うことは必要ですが、しっかりと安全を確保したうえでトレーニングを行いましょう。

 

「器具をもとに戻す」

私は、早朝にトレーニングに行くのですが、その際、床にゴミが落ちていたり、器具が元の位置に戻っていなかったりすることがあります。

その理由は、スタッフの方もいないし、人も少ないのでこれくらい良いだろうと思っている人がいるのだと思います。

 

そのため、器具はしっかりもとに戻し、使用後は除菌シートで拭き取るようにしましょう。

まとめ

ジムの空いている時間

  • 深夜帯、早朝の0時~7時

ジムが混んでいる時間

  • 夜 18時~22時

混む時間帯の注意点

  • 器具の利用時間に気を付ける
  • 周りの人に気を配る

空いている時間帯の注意点

  • 重量設定
  • 器具をもとに戻す

 

-筋トレ
-, , , ,

© 2022 ろつきBLOG Powered by AFFINGER5