筋トレ

【即行動】大学生が今すぐ筋トレを始めるべき8つの理由!

こんにちは。ろつきです!

筋肉クマ
大学生だけど何か暇だな~
たしかに!
筋トレとかどうなんだろ、良いのかな~?
ペンギン

今回は、こういった方たちのために、大学生にとって筋トレがなぜ良いのか、そして筋トレにおすすめのトレーニングを紹介したいと思います。

また、筆者のろつきが大学で筋トレをしてどれくらい変化したのかも紹介したいと思うのでぜひ参考にしてみてください。

大学生が今すぐ筋トレを始めるべき8つの理由

8とかかれた道路

私も現在大学に通っているのですが、大学は中学、高校に比べて自分が自由に使える時間がかなりありますよね。

夏休みなどの長期休暇では課題が出ることもほぼないと思います。

そんな大学生がそれらの時間を有益な時間にするためには筋トレはかなりおすすめです。

 

そこで、大学生が筋トレを始めるべき8つの理由をまとめてみたのでご覧ください。

筋トレを始めるべき8つの理由

  • 趣味ができる
  • 人脈が広がる
  • 勉強とのメリハリがつく
  • 自分に自信がつく
  • 時間管理能力がつく
  • 継続力がつく
  • シンプルに見た目がかっこよくなる
  • 最強の自己投資が低コストでできる

それでは、それぞれ詳しく説明していきたいと思います。

 

その1:趣味ができる

 

皆さんの趣味はなんですか?

私は趣味を聞かれたときには筋トレと答えています!

 

最初に述べたように大学生には課題の無い長期休暇があります。

長期休暇では友達と食事に行ったり旅行に行くなど、普段できないことを行うと思います!

しかし、それも毎日するわけでもないので暇だな~と思うときが出てくると思います。

 

そこで筋トレです!

 

時間があるときに趣味として筋トレを行うと、暇な時間をつぶすことができるし、実際に行ってみるとみるみるうちに体が変化していき、とても楽しくなります。

 

夏休みの2ヶ月毎日少しでも筋トレを行うと確実に体は変わると思います。

 

その2:人脈が広がる

 

やはり、筋トレという趣味が合う人同士だと話が合います。

実際に私も、筋トレしている人との話は盛り上がりますし、友人も筋トレが共通の話題であったため、話が弾んだ経験があると言っていました。

 

また、筋トレのコミュニティがあったり、筋トレをしていたから出会いがあったという人も多くいます。

このように、筋トレがきっかけで人脈が広がることが多くあります!

 

しかし、別に人脈なんて広げる必要はないと思う人もいると思います。

そういった方は、黙々と筋トレに励み健康的でかっこよい体を作って自分の中で満足するのも良いと思います。

 

その3:勉強とのメリハリがつく

 

この記事では、大学生が筋トレするべき理由を述べていますが、やはり大学生の本分は勉強ですよね。

しかし、勉強ばかりしていると疲れもたまってきますし、どんどん集中力がなくなってしまいます。

 

そのため、リフレッシュとして筋トレするのも良いと思います。

 

授業のコマ数が多く、勉強疲れした日に筋トレを行うとリフレッシュできますし、筋トレを行い運動をすることで睡眠にも良い影響を与えます。

 

このように勉強とのメリハリがつき、充実した1日となるでしょう。

 

その4:自分に自信がつく

 

自分に自信がつくというのも筋トレ行う上でのかなり大きなメリットです。

筋トレで自身がつくというのは

  • 肉体的
  • 精神的

この2つのどちらも自信もつきます。

 

まず、筋トレを行うと体が大きくなります、そうすると他の人からもあの人強そうであったり、かっこよい体だと思われるようになり自身がつきます。

 

また、筋トレを続けることができれば自分は物事を継続できる人間であるということもわかり精神的にも自信がつきます。

 

そして、筋トレを行うとテストステロン(男性ホルモン)が分泌されます。

テストステロンには以下のような働きがあります。

テストステロンの働き

  • 性欲、攻撃性が増す。
  • 筋肉の強度を保つ。
  • 毛髪の成長促進

このように、テストステロンによってさまざまな効果が得られ、成長していくことで自信を得ることができます。

 

このように、筋トレをすると自分に自信がついてくると思うので、今何かに悩んでいる方や、自分に自信が持てていない方は筋トレを始めてみるのも良いと思います。

 

その5:時間管理能力がつく

 

筋トレを行うと時間管理能力もつきます。

 

というのも、筋トレは趣味な方が多く、自分の生活の中で主にしている人は少ないです。

そのため、筋トレを行うためには勉強など、自分が主にしていることを終わらせたり、ひと段落つかせたりしてから行う必要があります。

 

そこで、筋トレをどの時間に組み込むか、筋トレを行うためには主にしていることの時間配分をどうするべきかを考えるようになります。

また、夜に筋トレに行くにしても時間帯によっては人数が多いため、そこも考える必要があります。

 

このように筋トレを行うとおのずと時間管理ができるようになります。

 

その6:継続力がつく

 

たまにムキムキな人がいると思いますが、皆さん継続力のある人です。

 

筋肉をつけようと思うと1日2日ではつきません。そのため、継続する必要があります。

このように筋トレを始めるとおのずと継続力がつくようになります。

また、継続していると結果もついてくるのでその4でも紹介したような「自信がつく」にもつながってきます。

 

そして、この継続力を他の事にも生かせると筋トレ以外のこともうまくいくようになります。

 

その7:シンプルに見た目がカッコよくなる

 

やはり筋トレの一番の醍醐味はこれです!

 

男性なら一度はムキムキの体にあこがれると思います!

筋トレをしなければそれは叶いませんが筋トレを行うことのみでそれを叶えることができます!

 

自分はガリガリだし、筋肉はつかないだろうと思っている方もいると思います。

しかし、筋トレは継続すると絶対に筋肉はつきます!

実際に私もガリガリで、ベンチプレス40kgも挙がりませんでしたが、現在では120kgあげることができるようになりました。

 

まずは1か月筋トレを行って変化を楽しんでみてはどうでしょうか!

 

その8:最強の自己投資が低コストでできる

 

ここまで様々な筋トレのメリットをあげてきましたが、このようなメリットを実際に私も筋トレを行うことによって感じることができました。

 

例えば、私は全く英語ができませんでしたが、筋トレで継続力がついたことや自分ができないと思っていたことでもできると知れたことで、TOEICの点数を280点から725点まで伸ばすことができました。

また、このブログも継続できています。

 

このように筋トレは最強の自己投資であり、価格も月に数千円なので大学生であれば払える価格であると思います!

筋トレを始める上で必要なもの4つ

トレーニングウェアの写真

 

次に、筋トレを始めようと思った方のために、何を用意すればよいのかを紹介したいと思います!

筋トレに必要なものは以下の4つです!

筋トレで必要なもの

  • トレーニングウェア
  • トレーニングギア
  • サプリメント

 

「トレーニングウェア」

ジムではどのような服を着ればよいのかと考える方もいるかもしませんが、実際にジムに行ってみると、かなりさまざまな服装の方がいます。

詳しくは以下の記事で紹介しているのでぜひご覧ください。

おすすめ記事
【男性版】おすすめの服装は?筋トレ時のトレーニングウェア紹介

続きを見る

 

「靴」

靴はできればトレーニングシューズを用意するとよいと思います。

ジムによっては、土足がOKのジムもあるので、使い古したスニーカーなどでも良いと思います。

こちらも詳しくは、トレーニングウェアの記事に書いているのでご覧ください。

 

「トレーニングギア」

こちらのトレーニングギアは必須ではなく、最初の内はあれば良いくらいで考えてもらえればと思います。

トレーニングギアを使用することで高重量のおもりを扱う際の手助けとなってくれます。

 

そのため、最初の内は使わずに素手での筋トレに慣れて、慣れてくればトレーニングギアを使用して違いを実感するのも良いと思います。

トレーニングギアに関してはこちらの記事で詳しく書いているのでぜひご覧ください。

おすすめ記事
【筋トレ】持っておくべきおすすめトレーニングサポーター3選!!

続きを見る

 

「サプリメント」

サプリメントとはプロテインなどの事です。

プロテインを飲むと筋肉の合成の手助けとなり筋肉がつきやすくなります。

 

初心者だから良いかと思いがちですが、筋トレは始めたてが一番筋肉がつきやすいのでサプリメントの使用をおすすめします。

また、サプリメントを先に買って形から入ることで筋トレを頑張る理由にもなると思うので、ぜひ使用してみてください。

サプリメントについてはこちらの記事で紹介しています。

おすすめ記事
筋トレ初心者必見!!おすすめのサプリメント4選

続きを見る

 

筋肉を鍛えるのにおすすめトレーニング

ベンチプレスをする男性

筋肉クマ
筋トレ始めようと思うけど、どんなトレーニングしたら良いのかな~

このような方のために、おすすめのトレーニングを紹介します!

おすすめのトレーニングは以下の3つです!!

おすすめトレーニング3つ

  • ベンチプレス
  • 懸垂(ラットプルダウン)
  • アームカール

最初はこの3つがおすすめです!

 

筋トレには細かいトレーニングだと様々あり、他にも方や足のトレーニングなどもあるのですが、これら3つのトレーニングは比較的効果が出やすく、筋トレをしている実感を得るためにはおすすめです!

 

ベンチプレス

ベンチプレスは仰向けに寝転がり、バーベルをあげる種目です。

ベンチプレスでは胸の筋肉を鍛えることができます。

 

また、ベンチプレスは基本的にジムにしかないと思うので、家でトレーニングする方は腕立て伏せを行うことでベンチプレスと同じ胸の筋肉を鍛えることができます。

自重の胸トレの方法は以下の記事で紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

おすすめ記事
【2021年】家でできる!自重で鍛える胸トレーニング

続きを見る

懸垂(ラットプルダウン)

懸垂では背中の筋肉を鍛えることができます。

また、ラットプルダウンはジムによくあるマシンで懸垂と同じような動きをすることで背中の筋肉を鍛えます。

 

私は、筋トレを始めたころは1回も懸垂をすることができなかったので大学のジムにあるラットプルダウンのマシンを使用していました。

また、ジムに行っていない方は公園などの遊具を使用するとよいかもしれません。

 

アームカール

アームカールでは上腕二頭筋いわゆる力こぶを鍛えることができます。

筋肉と言えば力こぶって感じしますよね。

実際に私も筋トレをしているというと、力こぶを見せたりすることが多いです。また、腕は見えやすい部位なので腕が太いと筋トレしている実感がわいてくると思います。

 

アームカールとは、おもりをもったうえで肘を支点にして腕を上げたり下げたりする運動です。

ジムに行くとダンベルの他にもバーベルがあったり、上腕二頭筋を鍛えるマシンもあります。

また、家でもペットボトルなどでもできるので、家トレで上腕二頭筋を鍛えようと思っている方は、ぜひ以下の記事をご覧ください。

おすすめ記事
【家トレ】家でできる筋トレ!上腕二頭筋トレーニング3選!!

続きを見る

実際に大学から筋トレを始めた筆者の変化

ろつきの大学での筋肉の変化

 

実際に大学生の間筋トレをして筋肉つくのか?と思うと思います。

そのため、現在大学4年生の私がどれくらい成長したのかを紹介したいと思います。

 

大学での体重の変化

大学1年・・・74kg

大学4年(現在)・・・約90kg

 

大学でのベンチプレスの変化

大学1年・・・80kg

大学4年(現在)・・・120kg

私は高校3年生のころから筋トレを始めたので大学1年生の時点でベンチプレスの重量は少し挙げれるようになっています。

 

このように大学4年間で平均週3回ほど筋トレをした結果それなりに変われたと思います。

また、数値だけではなく実際の筋肉の変化を写真付きで紹介しているので気になった方は以下の記事をぜひご覧ください。

おすすめ記事
【筋トレ】ガリガリの少年が筋トレを始めたきっかけと筋肉の成長過程

続きを見る

まとめ

大学生が今すぐ筋トレを始める8つの理由

  • 趣味ができる
  • 人脈が広がる
  • 勉強とのメリハリがつく
  • 自分に自信がつく
  • 時間管理能力がつく
  • 継続力がつく
  • シンプルに見た目がかっこよくなる
  • 最強の自己投資が低コストでできる

 

筋トレを始める上で必要なもの4つ

  • トレーニングウェア
  • トレーニングギア
  • サプリメント

 

筋肉を鍛えるのにおすすめトレーニング

  • ベンチプレス
  • 懸垂(ラットプルダウン)
  • アームカール

この記事では、大学生が筋トレを始めるべき理由を紹介しました。

実際に大学生の私が筋トレをしてみて感じたこと、また、筋トレをしてみてどのように体が変化したのかを紹介してみたので現在大学生で何か新しいことをしてみようと思っている方や趣味を見つけたいと思っている方はぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

また、筋トレをしてみて実際に体が変化したと感じたらまたこの記事に戻ってきてコメントでのお知らせください。

楽しみにしています。

-筋トレ
-, ,

© 2022 ろつきBLOG Powered by AFFINGER5